MARVEL / マーベル

サイエンスヒーロー 厳選オフェンスTOP10を紹介!マーベルオールスターバトル MCOC

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

サイエンスヒーロー 厳選オフェンスTOP10を紹介!マーベルオールスターバトル MCOC

Marvel マーベルオールスターバトル』(英語名;Marvel Contest of Champions)
クラス中最強ともいわれるサイエンスヒーローで強い、役立つ、育てることをおすすめするキャラを紹介します。

りす
りす
サイエンスヒーローでおすすめは?
くま先生
くま先生
攻撃で使うときのおすすめTOP10ヒーローを紹介しましょう!

星7ヒーローが徐々に増えており、星6から星7の育成にシフトしていくことを想定して、TOP10を挙げます。昇格というシステムが導入され、星5でも昇格させると星6ランク3相当になるので唯一無二の能力がある場合は星5も順位に入れていきます。

サイエンスヒーロー1位 スコーピオン

付与するデバフを戦闘前スキルで毒・ショック・断裂から選べ、選ばなかったデバフへの耐性を得ることができます。戦闘ごとに与えるデバフと耐性を切り替えできるのは便利です。

強攻撃チャージからSP2で大ダメージですが、被弾のリスクが上がるのと手間がかかるので、SP1を繰り返してスティングデバフを積み重ねて、相手にSPを打たせるだけでダメージを与えていくだけで戦えます。

エージェントヴェノムのシナジー要員としても優秀でクレイブンが揃うと強力です。

海外サモナーも優先的にランクを上げている方が多い、ディフェンスとしてもスコーピオンセンスでの完全回避もあり優秀です。

全クラスの中でも最強ヒーローの一角となるので育てて間違いなしです。

サイエンスヒーロー2位 ティターニア

能力の一つであるバフ耐性はバフを出さないヒーローで、少なくとも1人は育てることをお勧めします。同じくバフ耐性ヒーローにはスパ2099やレッドガーディアンなどいますが、星7で未シグでも使えるティターニアがお勧めです。星7アントマンはちょっと…なので。

SP3をためて大量デバフを与え、ヘイメイカーの能力で無敵・防御不能・破壊不能を発動させながら、一定時間ではあるものの問答無用で攻撃し続けられます。

厄介なミスティックヒーローでもティターニアがいれば、ほとんどただ殴っているだけで良く、シグ能力もあった方がもちろん良いですが必須ではないので星7入手ですぐ使えます。

サイエンスヒーロー3位 ヒューマン・トーチ

AWでも活躍でき、ミスティックヒーローとの相性が良く、普通に戦うだけで体温も上がり相手が勝手に燃えていって倒せます。
戦闘前スキルの「燃えろ!」を使うと、焼却耐性キャラでも燃やせるというただでさえ強いのに最強キャラになります。

アビスではメフィストもワンショットできます。回復ヒーローに対しても、焼却を付与して回復を防ぎ、ダメージに反転できるので一気に体力を削れます。

体温上昇しつつ焼却付与を維持することが立ち回りの基本です。シグがなくても使える最強キャラの一人です。星6でも十二分に活躍できるヒーローです。

サイエンスヒーロー4位 ハルク

星7の基本能力が星6ともともと格差があるので、高火力ヒーローとなりました。

激怒にガンマの怒り、SP3で物理的弱点デバフ、無敵にSP2のトラウマデバフ、SP1の気絶デバフなどまさにアメコミや映画のイメージ通りのハルクになりました。レリックもハルクをセットして使うのが良いです。

耐性は毒のみ、削りダメージのデバフは与えられませんが、ただただ殴る蹴るに突出したヒーローです。

サイエンスヒーロー5位 シルク

通常攻撃のコンボから強パンまで続けて攻撃できるので、連続して攻撃できます。
レリックも組み合わせれば、途中でパワーゲージも貯まりやすいので、
通常コンボ→強パンからのレリック→通常コンボ→強パンからのSPと連続して攻撃できます。
特にSP2の最後の一撃は爆発的な物理ダメージを与えることから大ダメージに繋がります。

また、相手のSPを完全回避できるという能力もあり、海外サモナーの中では、2023年のMVP?という噂もあるぐらいの強キャラです。

サイエンスヒーロー6位 フォトン

防衛としてはほんとに厄介なキャラです。AWではユニークボーナスを捨ててでもフォトンでのキルを狙って数体配置するアラもいます。

防衛にいると、受け流し時にアンタッチャブルを発動してこちらの攻撃がミスするので受け流しできない。光形態になると器用さでSPを回避できない、SP1の最後は受け流し以外防御不能、SP2はすべて防御不能にアンタッチャブルも得る。AWでの防衛戦術との相性も良く、厄介です。

攻撃としても非接触攻撃を受け流しできたり、防衛では厄介な能力であった防御不能のSPを使えます。化石化やエネルギー弱点デバフ(日本語説明は物理的弱点とありますが翻訳間違いかと)、激怒に挑発など有利なバフ・デバフがあります。SP3は回復もある。

星7も実装されているので、ゲットしたら優先的に育てて間違いないです。

サイエンスヒーロー7位 ボイド

シグらないと能力が物足りませんが、シグスキルの「ボイドの恐怖」で削りダメージは大幅アップで立ち回りがかなり楽になります。

7つ星ロイヤリティ・クリスタルを引くには150万のロイヤリティが貯まるまでなのでおそらく数か月かかります。星7を引き当ててシグるのは現状では難しいですが、ディフェンダーには使えますし、オフェンスとしても十分強いです。
ガード叩きしつつ、かわしているだけでも相手の体力を削り続けて倒せます。

いろいろな場面で使えるヒーローなので、シグは星6無色覚醒を使っても後悔はないです。ただしシグレベルは200が理想です。
星7で能力を本領発揮できるのは数年後かも…。

サイエンスヒーロー8位 クェイク

まだ星5までしか入手できません。そろそろ星6が出てもいいと思うのですが、昇格すると星6ランク3相当になるので、今回は7位にしました。
星6が出たら1位になるぐらい役立ちます。ぜひクェイカー(クェイク使い)になってください。

AWやストーリー、イベントなどどこでも使えます。
相手に触れずに倒すため、受け流し耐性や防御不能も問答無用に戦えます。

パワーが勝手に貯まるヒーロー(ハイペ、ドクスト、シンスプ、ハボック、モルドなど)は削りはできますけど、SP撃たれるので避けた方がいいです。SPをかわしながら強タメする強者もいますが。アイスマンは最初のコルスナを凌げば行けます。

ただ星5であることには違いないので、星7ランク2のヒーローを倒すには時間がかかるため集中力維持が難点です。

サイエンスヒーロー9位 クイック・シルバー

チャージを貯めていくことでスローデバフや非接触攻撃の受け流しなど能力を発動できます。

衰えとトラウマ、ウィップラッシュを重ねることで特大ダメージを与えられますが、そのためにいろいろやらないといけないので上級者向けのヒーローではあります。
コンボ数も普通は5コンボのところ13コンボ貯まり、チャージ数を調整しながら戦うことが求められるので慣れが必要です。

使ってて面白いんですけど…。

サイエンスヒーロー10位 モービウス

2023年7月~10月のイベントをコンプリートすれば入手できた星7ヒーロー。
シグってからが本領発揮のようなので、期待値を込めて今回は10位にしました。

シグ能力はなんと・・・「不死」
これはかなり上位に食い込みそうな能力です。

シグはなくともSP2は高火力で今のままでも十分使えます。

サイエンスヒーロー期待のキャラ スポット/スパーダーマン2099/スパイダー・ハム/監督者

スポット

使いこなす、慣れるまで難しい印象です。ただアンタッチャブルをうまく活用することで、クェイクやゴースト、キティのように唯一無二のようなヒーローです。
海外サモナーの動きをしっかり学ぶといいでしょう。

星7も入手可能ですが、シグレベルで火力がアップしていくので高シグ推奨。まだ星6の方が主流になるかと。

今までのヒーローにない特殊な動きなので、防衛に置かれるとSPを防御し続けることになるのでAW防衛にも有効です。

スパイダーマン2099

バフを出さないという特性で使える場面が多く、モジョ―やドマムキラーとして活躍します。悪意ノードにも有効です。

断裂を多く付与して爆発ダメージを与え、ダメージを与える機会を増やすには高シグが条件となります。
疲労、物理的弱点、衰え、スローなどデバフの種類と断裂デバフを付与したSP2のダメージは強力です。

デバフ耐性ヒーローにティターニアがいるということ、スパ2099が星7のリストには上がってますが、高シグ推奨なのでランクには入れませんでした。個人的には見た目や動きはすごく好きでお気に入りヒーローの一人です。

スパイダー・ハム

ハムの能力は、相手にSPを打たせて直撃ダメージで倒すという特別な立ち回りです。
星7を入手できるので、今まで育てていない場合はお得です。

中攻撃でポーカーポッパーを発動しながら、スパイダー・ナンセンスの数を調整しながら戦う、相手にSPを吐かせるという動きが必要になります。強パンを当てにくかったり、ノードで気絶耐性や柔軟性などあると戦いにくくなるので注意。

監督者

耐性持ちは使える場面が多いです。
毒はもちろん無効化、運命封印とよろめき耐性とミスティックヒーローに対してとても強いです。

星7も出ており、ガンマパワーやコズミックモードで高火力と評価が高いヒーローです。
SP後のオート防御も発動するためディフェンスとしても優秀です。

まとめ

サイエンスヒーローは能力が厄介なミスティックヒーローに強く、無敵や他の能力を抑えながら戦うことができます。

クェイクは星6がいないヒーローでありながら、ストーリーやAWで楽に進める場面が多く無双できるほどの強キャラです。
また、最近リリースされたフォトンはディフェンスで使えそうです。

TOP10ヒーローは私の主観もありますのでご承知おきくださいませ。

以上、『サイエンスヒーロー 厳選オフェンスTOP10を紹介!マーベルオールスターバトル MCOC』でした。

他のクラス属性についてはこちらのまとめ記事からどうぞ

クラス属性別 厳選オフェンスTOP10をまとめて紹介!MCOC マーベルオールスターバトル『Marvel マーベルオールスターバトル』(Marvel Contest of Champions)のクラス属性別の最強オフェンスTOP10ヒーローをまとめました。オフェンスで強い、役立つ、育てることをおすすめする最強キャラを紹介します。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA