陸マイラーになる

【最新版】ANA VISA/Masterワイドゴールドカードを徹底解説!

【最新版】ANA VISA/Masterワイドゴールドカードを徹底解説!

うさ
うさ
「ANA VISA/Masterワイドゴールドカード」ってどんなカード?
しば先輩
しば先輩
ANAマイル、Vポイントが貯まる!
ANA陸マイラーにおすすめ、ANAマイルを貯めるのに最適なクレジットカードだよ~
うさ
うさ
ANAマイルは分かるけど、Vポイントってなあに?
しば先輩
しば先輩
Vポイント」はクレジット決済で貯まるポイントのことで、ANAマイルに交換できるものだよ。
その交換率が「ANA VISA/Masterワイドゴールドカード」だと一般カードの2倍になるよ!

ANAマイルを貯めるのに最適で陸マイラーに人気のカードです。このカードをメインカードにしておけば間違いありません。

なぜ最適なカードなのか解説します。

ANA VISA/Masterワイドゴールドカードの基本情報・年会費などスペックは?

まずカードの年会費や還元率などの基本情報を下の表にまとめました。

ANA VISA/Masterワイドゴールドカード
お申し込み対象 満20歳以上の方(ゴールドカード独自の審査基準)
国際ブランド Visa、Mastercard
発行会社 三井住友カード
年会費(税込) 15,400円
年会費割引後(税込) 10,450円(WEB明細+マイ・ペイすリボ登録+年1回以上リボ払い手数料)
家族カード年会費(税込) 4,400円
家族カード年会費割引後(税込) 2,750円
旅行傷害保険 【最高補償額】海外旅行 5,000万円/国内航空 5,000万円/国内旅行 5,000万円
ポイント制度 / Vポイント お買い物利用200円(税込)につき1ポイント
ポイント有効期限 3年
VポイントANAマイル移行 1ポイント=2マイル
2倍コース移行手数料(税込) 手数料なし、不要
最大マイル還元率 1.35%
フライトボーナスマイル マイル25%UP
入会ボーナスマイル 2,000マイル
継続ボーナスマイル 毎年2,000マイル
ETCカード 1度でも利用で翌年無料
ショッピング補償 年間300万円までのお買い物安心保険
ポイントUPモール ゴールド会員限定ポイントUP
その他待遇 ゴールドカード特典(空港のカードラウンジサービス、ゴールドカードデスクなど)

というスペックで、一般カードをランクアップさせたゴールドカードゆえの待遇がたくさんあります。

基本情報の表の中でも特徴的なメリット・デメリットを解説します。

陸マイラーにおすすめ「ANA VISA/Masterワイドゴールドカード」のメリット・デメリット

ANAマイルを貯めるために適したカードで、いろいろメリットがあります。

貯まるのはANAマイル、Vポイントの2です。

ANAマイルはそのままANAマイルに、Vポイントは2倍コースでANAマイルに交換します。

主なメリットは以下の通りです。

・Vポイント1ポイント=2マイル(2倍コース)がいつでも手数料なしで交換

・年会費が割引で安くなり、毎年継続ボーナスマイルがもらえる

・ゴールドカードの待遇

・フライトボーナスマイルがもらえる

デメリットというと、ゴールドカードなので割引後で10,450円(税込)の年会費がかかります。ただ他のゴールドカードよりかなり抑えられています。また、他のANAカードでは2倍コースにするのに6,600円(税込)の手数料がかかるので、その分が含まれていながらゴールドカードの待遇があるので、かなりお得ですね。

ANAワイドゴールドカードは2倍コースでANAマイルに交換

クレジットカード決済にすると貯まるのがVポイントです。このポイントはマイルに交換できます。
200円=1ポイント=1マイル
になります。手数料を支払えば
200円=1ポイント=2マイル
(2倍コース)にできます。

他のANAカードでも2倍コースに変更できますが、手数料は6,600円(税込)/年かかるので、ANAマイルが貯まるカードとして陸マイラーに人気の理由ですね。

年会費が割引で安くなり、毎年継続ボーナスマイルがもらえる

WEB明細のご利用+マイ・ペイすリボをお申し込み+年1回以上リボ払い手数料のお支払いで、年会費が4,950円割引になり、10,450円になります。

あとで解説しますが、あえてリボ払い手数料を支払うようにすることで特典があります。

年会費の割引だけなら年1回で良いのですが、毎月にすればVポイントと同数のボーナスポイントがもらえます。少額でANAマイルの貯まり方が大きく変わるので、これはお得ですね。

継続ボーナスマイルは毎年2,000マイルが所有しているだけでもらえます。

ゴールドカードの待遇

○空港のカードラウンジが使える → ソフトドリンクや無線LAN(Wi-Fi)の利用などが無料です。
ANAラウンジとは違うので気をつけてください。

○ANA国際線チェックイン → エコノミークラスでも、ビジネスクラスのチェックインカウンターでチェックインができます。

○ゴールドカードデスク → 専用カードデスクが設置されている(つながりやすい)

○ポイントUPモール → ゴールド会員限定特典あり
三井住友カードのサービスで「ポイントUPモール」経由でネットショッピングをすると、ポイントが2~20倍になるポイントサイトがあります。

よくあるポイントサイトではAmazonは対象外が多いのですが、
ポイントUPモール経由でAmazon購入するとポイントが2倍になります。

ゴールドカード会員だけの限定ショップやポイントアップショップもあり、ANAマイルが貯めやすくなっています。下のショップは一例です。

フライトボーナスマイルがもらえる

通常積算されるフライトマイルに加え、フライトボーナスマイル積算率で算出されたフライトボーナスマイルをプレゼントされます。

つまりは、通常の125%分のフライトマイルがもらえます。

ただ陸マイラーにとっては恩恵は少ないですね。

「マイ・ペイすリボ」を上手く利用する

「マイ・ペイすリボ」で手数料が発生すると年会費が割引になるだけでなく、ANAマイルを貯めるために非常に重要な支払い方法なんです。

あえて手数料が発生するように支払い金額を調整することで、Vポイントと同数のボーナスポイントがもらえます。

通常1%のマイル還元率にボーナスポイントとして0.3%アップして、1.3%になります。

クレジット決済のマイル還元率としては1.3%ですが、獲得マイルとしてみると30%アップの130%のマイル数になります。

例えば
1,000,000円をカード利用し、マイ・ペイすリボの金利手数料を支払った場合、

・通常のVポイント ⇒ 5,000ポイント ⇒ 10,000マイル(2倍コース)

・ボーナスポイント ⇒ 5,000ポイント ⇒ 3,000マイル(0.6倍)

通常10,000マイルに3,000マイル加算されて13,000マイルになります。

金利手数料は10~20円ぐらい/月に調整できます。年間200円ほどで、獲得マイル数を30%アップさせることが可能です。

ポイントサイトなどを経由せず、三井住友サイトからANAマイルに1回で移行できます。

「マイ・ペイすリボ」で手数料を調整する方法は、こちらの記事でくわしく紹介しています。

三井住友カード「マイ・ペイすリボ」最低支払額でポイント2倍にする方法を解説!「マイ・ペイすリボ」を利用すると、年会費も割引になり、VポイントからのANAマイルも30%増やせます。「マイ・ペイすリボ」のしくみや実際にどのようにすればよいのか手順を解説します。できるだけ少ない手数料に調整して上手く活用してください。...

もう一つ追加情報として…

実は獲得マイル数を35%アップにすることができます。

先ほどの例で、

ボーナスポイント ⇒ 5,000ポイント ⇒ 3,000マイル(0.6倍)

だったのが

ボーナスポイント ⇒ 5,000ポイント ⇒ 3,500マイル(0.7倍)

通常10,000マイルに3,500マイル加算されて13,500マイルになります。

35%アップのためには「JQみずほルート」と言われる下のルートを経由します。このポイントを4回交換する手間と35%アップのどちらがよいと思われるかですね。

ちなみに私はこの「JQみずほルート」を利用していません。
ポイントサイトの「G-Point」から「JRキューポ」への交換時に5%の手数料もかかります。条件を満たせば返還されますが、手間がかかり過ぎだと思います。

特に初心者の方は、利用しなくてもよいと思います。気になる方は、ボーナスポイントを交換しないで保持しておき、しばらく陸マイラーをやってみてからでよいでしょう。そして「JQみずほルート」を経由する余力があれば、利用すればよいと思います。

まとめ

ANA VISA/Masterワイドゴールドカード」は他のゴールドカードと比較して、コスパの良いカードです。

ANAマイルが貯めやすい仕様になっており、特典もANAマイルが貯まりやすいようになっています。

しば先輩
しば先輩
陸マイラーにとって、このカードをメインカードにしておけば間違いないカードです。

以上、「【最新版】ANA VISA/Masterワイドゴールドカードを徹底解説!」でした。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA