注文住宅/一条工務店

住宅展示場に行く前に 特別編『一条工務店』の新ラインナップ『グラン・スマート』とは?その坪単価は?

住宅展示場に行く前に 特別編『一条工務店』の新ラインナップ『グラン・スマート』とは?その坪単価は?

一条工務店のシリーズに、とうとう噂の新ラインナップが加わりました。
発表時から情報がかなり出てきましたのでまとめています。

新ラインナップ『GRAND SMART グラン・スマート』 

うさ
うさ
「グラン・スマート」ってどういうもの?他のシリーズとは何が違うの?
 
しば先輩
しば先輩
現在人気のラインナップ「GRAND SAISON グラン・セゾン」と「i-smart アイ・スマート」を融合したものです
実はひそかに期間限定や棟数限定で存在していた仕様なんです。そして2022年1月から正式に新ラインナップとなりました。
※画像引用:一条工務店サイト

実は私も打ち合わせ時期が、このひそかな期間限定時期だったので、このグラン・スマートに近い仕様で建てています。
断熱などの仕様、商品名は「アイ・スマート」ですが、住設や床・クローゼットは「グラン・セゾン」仕様になっています。 

『GRAND SMART グラン・スマート』は「グラン・セゾン」と「アイ・スマート」の融合

現在人気のラインナップ2つです。「グラン・セゾン」は2019年に発売され、たちまち人気となり、木目調の住設で高級感のある仕様になっています。

※画像引用:一条工務店サイト

「アイ・スマート」は10年間で6.5万棟の販売実績があり高気密高断熱の家と言えば「アイ・スマート」の名前が挙がるぐらい一条工務店を有名にした主力商品です。

※画像引用:一条工務店サイト

グレイスシリーズの住宅設備が標準仕様

住宅設備は木目調のグラン・セゾンの仕様(グレイスシリーズ)となっており、4種類(4色)から選択できます。キッチン、ドレッサー、シューズボックスを標準で選べます。

※画像引用:一条工務店サイト
例えば「アイ・スマート」で建てた場合だと標準住設は鏡面加工のシリーズなので、グレイスシリーズの住設を採用する場合はオプション費用が発生します。

床材も「グラン・セゾン」仕様のモクリアという幅広のフローリングで高級感が増します。クローゼットもグレイスドレッサーを採用できます。

「アイ・スマート」の超気密・超断熱

「アイ・スマート」の人気の強さは、なにより高性能であることが大きいです。2×6工法で他のメーカーの追従を許さないほどの気密性と断熱性を誇っています。
「グラン・セゾン」は在来工法で、他社に比べると十分高気密・高断熱ですが、「アイ・スマート」の方がUA値やC値は数値としては上回ります。ただし、天井高は2,650mmでハイドアの開放感、総二階でなくともよいので間取りの自由度も高いというメリットがあります。

グラン・スマート』は「アイ・スマート」の性能を継承しているので、極めて高い超気密・超断熱仕様です。さらに第一種換気システムで全館加湿機能がついたロスガード90うるケアも標準装備しています。天井高も2,400mmが標準仕様となりますので、高くしたい方はオプションとなります。

※画像引用:一条工務店サイト

『グラン・スマート』独自の仕様

基本は「グラン・セゾン」と「アイ・スマート」のいいとこどり仕様なだけでなく、『グラン・スマート』で新たに設定された大判のグレイスタイルが登場しました。
従来の「グラン・セゾン」で採用されているパラペットルーフやデザインルーバーと組み合わせることで意匠性も充実したものになりますね。
私が打ち合わせしていた時はこれらはなかったので正式リリースになって『グラン・スマート』仕様となったものです。

うさ
うさ
今までになかったものがあるのは嬉しい!
※画像引用:一条工務店サイト

選択できるグレードアップ仕様

「アイ・スマート」の工法が基本なので「グラン・セゾン」では採用できない『全館さらぽか空調』『2倍耐震』を追加できます。『耐水害住宅』もグレードアップできます。

※画像引用:一条工務店サイト

また一条といえば代表的な『全館床暖房』は標準仕様となっており、『太陽光&蓄電池パッケージ』はグレードアップ仕様です。

※画像引用:一条工務店サイト

『グラン・スマート』の坪単価は?

グラン・スマート』の坪単価は、情報では「アイ・スマート」+ 坪あたり約2万円アップ(キャンペーン)とか…。30坪なら約60万円アップの算出となります。
キャンペーンが終わって約5万円アップという情報もあるので、それだと約150万円アップ…。

例えば「アイ・スマート」にハイドロテクトタイルのオプションが坪あたり約1.5万円。住設でグレイスシリーズを採用するのにオプション費用がかかることを考えると、ハイドロテクトタイルを採用するのを決めている方ならあと坪あたり5千円アップで『グラン・スマート』の坪単価になりますね。約5万円アップとすると坪あたり3万5千円アップなので優先順位を考える必要が出てくるのではないでしょうか?

「アイ・スマート」で性能を重視しつつ、グレイスシリーズにしたい場合、そのオプション費用と、坪単価アップを比較してどちらがいいか、もちろん天井高や間取りの自由度など希望する内容によっては「グラン・セゾン」にするのもいいですし選択肢が広がりましたね。

おすすめの間取りプラン・見積りサイト

何社か話をしたけど、他にも探したい!でも時間が取れないという場合、下のバナーにあるタウンライフでは無料で間取りプランと見積りを作成してもらえます。 住宅展示場で実際に家を見ながら説明を聞いて、希望を伝えて…は時間がかかります。 特にお子さんを連れてといると長時間持ちません。私も1日2社回れたらいい方でした。 展示場に行く前に、だいたいのイメージをつかむのにオススメです!ハウスメーカーによって売りにしている部分や各メーカーの相場やラインナップなど情報を事前入手できます。 ハウスメーカーは大手有名ハウスメーカーを含む600社以上が参加しているのが魅力です。 しかも3分で登録可能と便利です。「電話も面倒なら連絡方法にメール希望と書いておけばOK」

うさ
うさ
試してみる!

まとめ

うさ
うさ
人気の「グラン・セゾン」と「アイ・スマート」のいいとこどりなんて最高!
 
しば先輩
しば先輩
超気密・超断熱で木目調の住宅設備で高級感たっぷりの注文住宅
これからの主力商品になりそうです。
私はひそかに行われていた期間限定時期に『グラン・スマート』で建てました。その時は商品名はなく「アイ・スマート」にグレイスシリーズの住設を選択できるという仕様でした。それについては別記事で紹介します。
以上、「住宅展示場に行く前に 特別編『一条工務店』の新ラインナップ『グラン・スマート』とは?その坪単価は?」でした。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA